スコティッシュのもこにゃんと もこままの ラブラブな毎日

雲仙温泉。

雲仙・・・って・・・みなさん ご存知ですか?
日本で最初に 「国立公園」に なったところなんです。

『雲仙普賢岳噴火』・・・したのは もう 何年前になるんでしょうか・・・。
噴火した普賢岳とは 山が違うのですが(ん?よくわからないけど)
ふる~い温泉街があります。

子供のころは 地獄も もくもくとしてたし
観光客も とっても多かったのですが
今じゃ・・・・・涙。


実際、私も 子供のころ 何度か遊びに行ったことはありましたが
ほとんど記憶にもなく 旅館に泊まったこともありませんでした。


今回 宿泊したのは 雲仙温泉でも 
天皇陛下ご夫妻や 皇太子さま、 秋篠宮さまご夫妻が 宿泊された
由緒ある 立派な老舗旅館。


宮崎旅館です
CIMG4229_convert_20130425111442.jpg


興味のある方は ⇒ 

実家の母を乗せて 車で40分くらい走ると 雲仙に到着。

まず、ウエルカムドリンク。

最初のおもてなしは ロビーで 抹茶と甘味
CIMG4212_convert_20130425110908.jpg
長旅の疲れを まずここで リセット。

ほほぅ~ やっぱ、 違いますね~。

五月人形が 飾ってありました。
CIMG4211_convert_20130425110831.jpg CIMG4210_convert_20130425110747.jpg


お部屋は 最上階の 10畳二部屋の 特別和室
CIMG4215_convert_20130425111029.jpg CIMG4217_convert_20130425111108.jpg
私には 価値がイマイチわかりませんが
いとこ女子は 『置いてあるものが すごい・・・』と言っておりました。


部屋からは 地獄が見えます。
CIMG4213_convert_20130425110952.jpg


夕食までに 時間があるので お腹を減らしに お散歩へ。
CIMG4227_convert_20130425111400_20130425112824.jpg
ブクブクと・・・。
でも 随分・・・控え目になっておられました・・・。


『真知子岩』・・・これは 『君の名は』と言う映画の中で
岸恵子が この岩のところへ やって来るシーンがあり
それで 有名になりました。
CIMG4224_convert_20130425111236.jpg
この時の長崎での 岸恵子のヘアメイクは 私の伯母・・・でした。

その伯母の妹
左(私の母) と 車いすの伯母 92歳です。 
CIMG4220_convert_20130425111149.jpg
みんなで 真知子岩を見ながら 亡くなった伯母の話などをして
偲んできました。


すごくお天気も良く青空。
でも さすが 雲仙は風が冷たく 
ミヤマキリシマ・・・と言う 
雲仙に咲くツツジは まだ 少ししか咲いてませんでした。
CIMG4225_convert_20130425111317.jpg
ヒラドツツジは 所々、咲いてましたけどね。


お部屋に戻り
サササーッと 温泉に入って
いよいよ お待ちかねの お食事


橘湾で獲れた新鮮なお魚     和牛日本一になった 長崎和牛の昆布〆
CIMG4240_convert_20130425111525.jpg CIMG4242_convert_20130425111647.jpg

筍田楽   鯛の桜蒸し     蛤とあおさの味噌汁
CIMG4243_convert_20130425111723.jpg CIMG4244_convert_20130425111803.jpg
他にも何品かあったけど 食べちゃった。

ガトーショコラとフルーツ
CIMG4245_convert_20130425111839.jpg
さすがに 後期高齢者のお二人には 
ガトーショコラは お口に合わなかったようです。笑



なんか・・・満腹。
CIMG4241_convert_20130425111609.jpg
逆光やし。

ベテランの中居さんと 入ったばかりの 中居研修中の新入社員さん。
緊張してて マニュアルどおり言えなかったり
お料理の向きを違えてたり・・・と
色々 不手際はありましたが
二人に 心づけも ちゃんと用意して行ってたので
差し上げできました。


夜に 私は 一人・・・温泉にゆっくり入ってきましたが
他のみんなは 
「お風呂に入ると疲れる!」と言って・・・
もったいない・・・。

そっか・・・
年を取ると・・・何度も温泉に入れなくなるのね?
覚えておこう。



それから お布団を敷いてもらい
ダラダラと おしゃべりしながら 
あちこちで 運動が始まりました。笑
一人がやりだすと みんなで 「できる~できない~」
「こ~したらいい あ~したらいい」と。

これは わかる!

わかる!自分が ちょっと悲しいけど
日々老化・・・。
目指せ 現状維持。




こうして 11時ごろ 眠りにつきました。


翌朝も お風呂は~行かないで
朝ごはん。
CIMG4248_convert_20130425112016.jpg
これまた 何品もあって 豪華な朝ごはんでした。


チェックアウトまで ゆっくりして

中庭を愛でる様子もなく
CIMG4250_convert_20130425112055.jpg

売店で それぞれお土産をどっさり買い帰っていきました。








ふんっ!自分ばっか!
CIMG4258_convert_20130425110512.jpg
あたしには 草、食えとでも??
CIMG4259_convert_20130425110548.jpg
そのうち・・・
CIMG4261_convert_20130425110702.jpg
脱走4犯目・・・犯してやるわぃ!
CIMG4260_convert_20130425110625.jpg





脱走歴 前科3犯です。
にほんブログ村 猫ブログ 純血種長毛種猫へ
にほんブログ村





関連記事

コメント

きゃ~~~~もこにゃん!
脱走はダメだよ!!!お外にゃんて良い事ないからね
うちの中でままに仕返しする方法を
一緒に考えよう~~~ヽ(*´з`*)ノ
ね!だから・・・脱走4犯はダメだからね~~

雲仙!
えっと・・・6、7年前に行きました
確か中学1年か・・・2年の時に( ´▽`)
だけどあまり覚えてなくて~~~~~えへへ
ステキな旅館ですね~~
良いな~こんなところに泊まってみたいです。
またまた親?親戚?孝行できましたね
もこままさんが若く見えますもの( ´艸`)

あ!若いんだった・・・失礼いたしました~~~(o ̄∇ ̄o)♪
親孝行&親戚孝行な旅行をされたのね~
夕食も朝食も ホテルでの体操も~女子会みたいだな☆
そっか~温泉入ったら疲れるから1回しか入らないのか~
うちは 旅館に到着後すぐ・夕食前・夕食後・寝る前・翌日の起き抜けと
最低5回は入るけど~ 若い証拠かしらん?

宮崎旅館 次に雲仙に行くときは 要チェックですね~
九州ホテルもだったけど そこもやはり ”地獄ビュー”なのねん☆

もこにゃん 脱走だけは ご勘弁を!!
オタカラは 隠してもいいからさ~
♪やーまはー
うんぜんー
み・や・ざ・き
りょーかんっ♪

ローカルCMソングでごめんなさい(^_^;)
ほ~んと・・・脱走は勘弁してほしいです・・・。
未遂におわるように コチラが気を付けないと^^

あら~行ったことあるんですね?
修学旅行ですか・・・遠いのにね~。
ま、6,7年も前じゃ~忘れてますよね^^

92歳の伯母も・・・
だんだん弱ってきてるので お泊り旅行は
これが最後になるかもしれませんね・・・。
ん?
若いんですよ~もこままは。
お忘れなきよう。
女子会ですよ~^^
平均年齢70歳の^^
男子はいないのでね。

地獄ビューのお部屋でした。
窓から地獄の横に写ってるのが
ママさんたちが泊まられた九州ホテルですよ。

私も結局、1回しか 温泉入らなかった。笑
若いんですけどね~おかしいな。

そぉそぉ
脱走だけは阻止しないと^^
うふふ~
宮崎旅館と言えば~その歌ですよね?

予約の電話入れた時の
保留の音楽は・・・ソレでした♪

素敵な旅でしたね~^^
毎回~もこままさんが~スポンサーなんでしょう^^
孝行娘・・孝行おばはんですね^^

旅館は・・なかなか・・ひとりでは泊まれないんで~
ビジネスホテルばかりですが~たまには~旅館もいいですね^^
ステキな旅でしたよ~
やっぱり・・・ここまで年取ると
色々楽しみが半減してしまうので
今のうちですよ~まこへいさんも
ビジネスばかりじゃなくて 老舗旅館とか・・・
じゃんじゃん、行ってくださいね・・・。
ひとりじゃ行けないのなら
美女3人が お供しますよ^^もちろん、スポンサーは
まこへいさんで。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する